千葉県の法律事務所 弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士採用情報

弁護士採用情報

弁護士業界をめぐる状況について

P11406990001.png 昨今の弁護士をめぐる情勢は様変わりしています。

弁護士になれば一生安泰という時代ではありません。これからは,各弁護士が専門性を習得すると共に,その専門知識を適切に依頼者に伝えて,依頼者の悩み,問題点を解決する能力が重要となってきます。

私は,専門性とコミュニケーション能力がこれからの弁護士にとって重要な要素だと考えています。

では,専門性とはどのくらいの専門性を指すのでしょうか。
地方都市の場合,企業法務については,社長の代わりということである程度企業関係の事件全般についてなんでもできる能力が求められます。特に,労務,契約書作成・チェック,債権回収の分野はトラブルが多いので弁護士の需要があります。また,株主間紛争や中小企業の株主総会対策,企業間の訴訟事件なども比較的多いかと思います。
他方,東京・大阪などの大都市では,企業法務の中でも特定の法分野や特定の業界・業種に専門家した弁護士が望まれるでしょう。企業法務に関しては,大都市の弁護士と地方都市の弁護士で若干求められる能力が異なっているように思います。

また,専門性に関しては,今まで「一般民事」と呼ばれていたような分野についても専門化が進んでいます。交通事故・相続・離婚などの分野では,専門性がある弁護士とそうでない弁護士の差はかなり開いてきています。地方都市においても,特定の分野のみを扱っている弁護士というのが少しずつ増えてきています。近い将来,「一般民事」と呼ばれていたような分野に関して,「専門性の高い弁護士に相談するのが望ましい」という認識が社会一般の共通認識になるはずです。

では,もう1つの重要な要素であるコミュニケーション能力とはどのような要素でしょうか。

コミュニケーション能力というのはなかなか説明しにくい点がありますが,「依頼者から信頼される発言」や「依頼者から信頼される行動」ができるかという点が重要かと思います。1つ1つの仕事を丁寧にしていく中で習得していくのが弁護士としてのコミュニケーション能力です。

このようなコミュニケーション能力は仕事をしていく中で習得していくものですので,弁護士になった際には,たくさんの案件に関与すると共に,色々な人と出会い,色々な物事の考え方を理解していただきたいと思います。

P11407300017.png


専門性とコミュニケーション能力がこれからの弁護士には重要です。この能力があれば,これからの弁護士業界がどのようになっても必ず成功する弁護士となるはずです。そのためには,皆様には,各弁護士の専門性を伸ばすことを応援する事務所,各弁護士のコミュニケーション能力を高めることを応援する事務所で働いていただきたいと思います。

新人弁護士採用について

●新人弁護士が事務所を選ぶポイント
●代表弁護士大澤から、新人の皆さんへ ●事件の特色
●当事務所でできること ●当事務所の教育体制 ●新人弁護士採用Q&A
●良い弁護士10ヶ条 ●説明会参加者の声 ●募集要項&採用プロセス

copyright(C) 2010 弁護士法人よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.