千葉県の法律事務所 弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士採用情報

弁護士採用情報

新人弁護士 採用Q&A

 
ここでは,採用・就職に関するQ&Aを解説します。

Q 事務所はどういう弁護士を求めているのですか。
A 弁護士には様々な能力が求められます。抽象的に言えば「事務所に貢献できる弁護士」を求めています。具体的には,コミュニケーション能力・協調性・法的思考能力・ストレス耐性・事務所業務との相性,事務所全体のバランス等を考慮して応募される方の長所を見ていきたいと考えています。

Q 最初はどのような案件をすることになりますか。
A 最初にどのような案件から業務を行うかということは特別は決まってはいません。最初のうちは所長・先輩弁護士と共同で事件を受任しますので,最初に取り扱う案件が特定の案件のみに偏るということはありません。業務レベルが上がるに連れて,少しずつ単独で業務を行うこととなります。

Q 弁護団活動・委員会活動についてはどのような扱いになっていますか。
A 弁護団活動・委員会活動は事務所の業務に支障をきたさない限り自由です。各弁護士が興味のある分野の弁護団活動・委員会活動を行っています。(なお,弁護団活動・委員会活動について事務所からの強制は一切ありません。)

Q 他の士業との協力関係はどのようになっていますか。
A 特定の士業事務所ではなく,複数の士業事務所とのお付き合いがあり,情報交換・案件の相互の紹介等を行っています。公認会計士・税理士・司法書士・行政書士等との協力関係がありますので各分野の専門知識については気軽に聞くことができます。他方,法律分野についての質問が他の士業の先生からあることもあります。

Q 柏で弁護士として業務をする利点は何ですか。
A 一般に地方に行けば行くほど,幅広い業務分野の事件を取り扱うこととなります。専門知識を極めたいという人は東京等の大都市の専門事務所がいいでしょうが,幅広い分野を取り扱う弁護士になりたい方にとっては柏での業務というのはよいのではないかと思います。なお,山手線の上野駅から29分の場所に柏駅はあり,東京駅にも電車一本でいけます。東京地方裁判所がある霞ヶ関駅も電車一本でいけます。

Q 企業法務分野の具体的な仕事内容はどのような仕事内容ですか。
A 労務問題,債権回収,契約書の作成・チェックが主となります。その他会社間の訴訟や会社法に関する業務も取り扱っています。

Q 事務所の弁護士の人数はどれくらいを考えていますか。
A 具体的な人数は依頼がどれくらいあるかによって変わると思いますが,現時点では弁護士15人位の事務所にはしたいと考えています。

Q 企業の顧問についてはどのようなスタンスで取り組んでいますか。
A 私たちは企業との顧問契約を重視しています。法律の専門家である弁護士が関与することによって,会社の将来が変わることも多々あります。そのため,顧問会社を積極的に増やすための努力をしています。

Q 将来的にはどのような案件を事務所として多く取り扱って行く予定ですか。
A 具体的に特定の分野ということは現時点では決めていません。現在は,交通事故,企業法務に力を入れています。事務所の取り扱い分野については各弁護士の意見を尊重したいと考えています。

Q 債務整理は多いのですか。
A 事務所全体では月間10件位の受任件数です。地方都市では一般にどの事務所も債務整理・倒産関係の事件の割合が多いです。当事務所はスタッフが優秀ですので,スタッフと協力して業務に取り組むことによって業務の効率化を図っています。なお,全国的には債務整理の事件数は減少傾向にあります。

Q 弁護士の専門性についてはどのように考えていますか。
A 私たちはまず一通りの分野についての業務についての能力を身につけていただくことがよいと考えています。一通りの分野についての業務を行った後,各人の興味・適性に応じて,専門分野についての知識・能力を向上させていくことを事務所として応援します。ただし,弁護士の専門性に対する社会のニーズは相当強くなってきていますので,早期に専門性を高めていくことがこれからの弁護士には必要です。

Q セミナー講師・研修会の講師はどのような内容をすることになりますか。
A 基本的に依頼があり,事務所で可能な範囲であれば引き受けています。労働関係,倒産関係のセミナー講師が多いです。また,弁護士1名で全てをするのではなく,少しずつ分業して講師を行うことが可能ですので,比較的早い時期からセミナー講師・研修会講師をすることができます。

Q 支店についてはどのように考えていますか。
A 中長期的には,柏以外の千葉県や茨城県に事務所設置を検討しています。入所の際に皆様の意向を聞きますので,意思に反して支店勤務となることはありません。当事務所では,よい品質の業務ができることを大前提として,少しずつご相談可能な地域を広げていきたいと考えています。

Q パートナーについてはどのように考えていますか。
A 私たちの事務所ではできるだけ長期的に一緒に働き,パートナーとして事務所に残っていただける方を優遇しています。当事務所では,平成27年5月時点ではパートナーは2名ですが,今後,アソシエイトからパートナーへの昇格を進めていきます。今パートナーとなっている弁護士もアソシエイトからパートナーに昇格した弁護士です。

Q 東京以外の場所で働くことに不安があるのですがどうでしょうか。
A 全く不安に思うことはありません。千葉県柏市は東京のベッドタウンで,東京からも近いです。また,千葉県柏市での弁護士業務は,東京の中心で弁護士業務を行うより,多種多様な案件が経験でき,また,弁護士としての成長も早いと思います。渉外事務所や企業法務の特定の専門分野に特化したい弁護士は東京の事務所を選んだ方がよいと思いますが,「色々な案件をしつつ専門性を身につけたい」弁護士は東京以外の場所で勤務した方がよいと思います。




 



 

新人弁護士採用について

●新人弁護士が事務所を選ぶポイント
●代表弁護士大澤から、新人の皆さんへ ●事件の特色
●当事務所でできること ●当事務所の教育体制 ●新人弁護士採用Q&A
●良い弁護士10ヶ条 ●説明会参加者の声 ●募集要項&採用プロセス

copyright(C) 2010 弁護士法人よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.