千葉県の法律事務所 弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士採用情報

弁護士採用情報

教育体制(経験弁護士)

P11407050038.png   私たちの事務所では弁護士のスキルアップのための教育体制を重視しています。

外部のセミナーや勉強会への参加を事務所として応援しています。日本でもトップレベルの弁護士のセミナーに参加したり,特定のテーマに絞った継続的な勉強会に参加したりなど,各弁護士が積極的に勉強会に参加しています。外部での勉強会・研修への参加は自由です。日本弁護士連合会や千葉県弁護士会が主催する研修会にも積極的に参加しています。有料の研修の場合には,費用を事務所から補助する制度もあります。また,書籍購入についても費用の補助制度があります。

2ヶ月に1回全弁護士によるよつば総合法律事務所法律実務研究会を開催しています。内容としては最近の判例研究や特定のテーマを決めた勉強会をしています。講師は所内の弁護士又は外部の専門家に講師を依頼しています。

交通事故,相続,労働法分野についてはグループごとに勉強会を定期的に開催しています。各弁護士が取り扱った事件でうまくいった点やうまくいかなかった点を共有したり,担当事件で方向性を悩んでいる案件について他の弁護士の意見を聞くことができます。

・月に3回,全弁護士参加の昼食を食べながらのランチミーティングを開催しています。今困っている案件などについて参加弁護士による検討会などを行っています。

・個別の案件については,弁護士単独での受任または複数での受任という両方の方法があります。案件の種類や過去に経験した件数などによって,どのような方法での受任とするかを決めています。一緒に案件を受任・解決していく中でレベルアップを図ることができます。

月に1回,所長弁護士と各弁護士が案件の進捗状況の確認を行っています。うまく進んでいない案件については解決方法を一緒に考えています。

月に1回,所長弁護士と各弁護士が個人面談をしています。これは,個別の案件というよりも,各弁護士の今後のキャリアプランを考えたり,今気になっていることの解決方法を一緒に考えたりするための機会です。

判例秘書,判例体系,TKCローライブラリー,自保ジャーナルの4つの判例検索システムが利用可能ですので,判例調査,文献調査が容易です。また,東京の弁護士会の図書館を利用することも可能ですので,東京の弁護士会の図書館にて判例調査・文献調査をすることが可能です。

他事務所の弁護士との連携,他の士業事務所(税理士,司法書士,社会保険労務士,行政書士・弁理士等)との連携,弁護士業務に関連する各種専門家との連携をしていますので,一緒に案件を解決していく中でレベルアップをしていくことが可能です。

整形外科医を招いての勉強会を月に1回開催しています。交通事故分野の専門知識を習得できますし,個別の案件で悩んでいる点について質問することが可能です。

弁護士向け所内報「日本一の法律事務所への道」を事務所から不定期に発行しています。書籍に乗っていない弁護士業務のノウハウなどが多数掲載されています。

書籍「弁護士10年目までの相談受任力の高め方」(レクシスネクシス社)の交通事故部分を所長弁護士の大澤一郎が執筆しました。弁護士向けの交通事故の研修のための書籍です。当事務所では法律の知識だけではなく,クライアントとの対応の仕方やクライアントの満足度を上げるという点に関しても重視して学んでいます。


 


経験弁護士採用について

●経験弁護士が事務所を
選ぶポイント
●代表弁護士大澤から、
弁護士の皆さんへ
●事件の特色
●経験弁護士が、当事務所で
できること
●当事務所の教育体制 ●経験弁護士採用Q&A
●募集要項&採用プロセス   
   

copyright(C) 2010 弁護士法人よつば総合法律事務所 All Rights Reserved.